アフィリエイトサイトまとめ
アフィリエイトコラム コラム

ライティング代行会社の相場観。一文字換算で比べてみた

アフィリエイトサイトを作るとき、ライティングを外注できると効率が良いですよね。そのために、ライティング代行会社が存在します。書いて欲しい記事の内容を指定すれば、質の高い記事を受け取ることができるでしょう。
ただ、代行会社によって記事の相場は違います。ここでは、ライティング代行会社の相場観について、詳しく解説していきます。

ライティング代行会社の相場

ライティング代行の相場観はかなり幅広いです。ライティングの内容、記事の文字数、発注する数などによって、大きく相場が変わるからです。
ただ、ライティング代行に依頼したときのざっくりとした相場としては、1文字2円~5円が妥当な金額です。例えば1000文字の記事を依頼するときは、2000円で依頼できることが多いです。

特定の専門知識が必要な場合やプロのライターに依頼する場合などは、さらに高い料金になる可能性もあります。ライティングの依頼をするときの目的によっては、指定が複雑になることも考えられますよね。
そういった場合も、相場を超える料金になることは少なくないです。また、発注する記事数などで割引をしてくれる会社もありますので、全ての会社が1文字2円以上になる訳ではありません。

会社名 プラン 品質・企画 価格
サグーワークス オンライン発注プラン
オーダーメイドプラン
ライター多数・階級制度あり
コピペチェック
企画依頼可
一文字:0.75円〜4.0円
Shinobiライティング なし ライター多数
コピペチェック
一文字:1.0円
クラウドワークス 用応談 用応談 用応談
ランサーズ 用応談 用応談 用応談

ライティング専門で、ライターを多数在籍を公表している会社は「サグーワークス」と「Shinobiライティング」の2社のみでした。
クラウドワークスやランサーズなどの一般的なアウトソーシング会社は、直接ライターとのやりとりになりますので、価格帯もまばらです。
安心して発注を行いたい場合は、ライティング専門会社に相談するのが良いでしょう。

アフィリエイト書籍

  • ビジネスモデル2.0図鑑
  • ロジカル・シンキング (Best solution)
  • 沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉
  • 現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル(特典PDF付き)
  • 僕たちは、地味な起業で食っていく。 今の会社にいても、辞めても一生食いっぱぐれない最強の生存戦略