アフィリエイトサイトまとめ
アフィリエイトサイト 体験談

GoogleAdSenseを使ってみた感想

審査基準は公序良俗に反しないものであればOK

GoogleAdSenseを始めるためには、まずAdSenseの審査に合格しなければなりません。インターネット上では様々な情報が行きかっています。しかし、現実的にはGoogleは細かい審査基準は発表していません。要は公序良俗に反しないもの、読者にとって有益な記事が載っているということだけです。運の良し悪しも関連しているかもしれません。いずれにしてもやってみないとわからないことです。

GoogleAdSenseの審査に申し込んでみた感想

私がアフィリエイトのための審査申し込みをした時にはAdSenseのサイトには申し込んで1週間で結果を通知すると記載してあるのに、2週間待っても返事がきません。そして一カ月ぐらいたってから審査合格の通知が来ました。ずいぶんな遅れ方です。AdSenseサイドが記載しているように段取りよくコトは運ばないというのが正直な感想です。

サイト開設から審査申し込みまで

GoogleAdSense

インターネット上には、サイト開設から日が浅いと審査の合格は難しいと書かれています。確かにGoogleAdSenseはサイトコンセプトを重視するので、サイトコンセプトが不明確な時には合格しにくい傾向があります。早くからしっかりとサイトコンセプトを打ち出していきましょう。GoogleAdSenseに関する情報で多いのが、毎日記事を投稿しようというものです。しかし、毎日投稿しなければならないということでもなさそうです。定期的な投稿が重要になります。

GoogleAdSenseではページ内に広告が多くなるのを嫌います。これは、一つの記事の中にあまりにも多くの広告があると読者のストレスを高めてしまうからです。うるさくない程度なら不合格の理由にはなりません。

AdSenseをサイトに導入してみた結果

収益ですが、100PVで1円ぐらいです。記事と関連性と高い広告が自動で表示されるので、導入できてしまえば、一般的なASPのように広告プログラムの変更などが必要なくメンテナンスを考えると自動で収益性が望めるのが良いです。ただPV数をあげて行かないと安定した収益を望めないので、継続的な運営が必要です。

GoogleAdSense

GoogleAdSenseのご紹介

GoogleAdSenseは、自分のウェブサイトに広告を掲載するだけで収益が得られる無料のサービスです。

GoogleAdSenseを詳しくみる

アフィリエイト書籍

  • ビジネスモデル2.0図鑑
  • 読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術
  • HTML5 & CSS3ポケットリファレンス [改訂新版]
  • 現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル(特典PDF付き)
  • デジタル時代の基礎知識『SNSマーケティング』 「つながり」と「共感」で利益を生み出す新しいルール(MarkeZine BOOKS)