アフィリエイトサイトまとめ
アフィリエイトサイト テクニック

HTMLとCSSの違いについて

普段利用しているホームページやブログなどのウェブページは、HTMLやCSSといったマークアップ言語で生成されています。HTMLは、HyperText Markup Languageの略で、ウェブページのレイアウト構成を記述します。CSSは、Cascading Style Sheetsの略で、ウェブページの文字や画像の装飾を指定するために使用します。見栄えの良いウェブページを作成するには、HTMLとCSSは不可欠な存在と言えます。

HTMLは構造や骨組みを担当

ウェブページが表示された状態で、右クリックするとブラウザにより若干表記は異なりますが、ソースの表示というメニューがあります。それを開くと英語や文字などがたくさん表示されます。これがウェブページのレイアウトを構成しているHTMLになります。詳しく見てみると、ウェブページに表示されている文字がそのまま記述されたりしているのがわかるでしょう。HTMLは「h1」や「p」などのように大なり小なりの記号を使ったタグで囲んで記述します。

CSSはカラーやスタイリング担当

HTMLのタグの中に、classと記述されている部分があります。ここで指定されているのが、CSSで記述されている名前に対応しています。CSSでは文字色やフォントサイズなどの修飾に関する指定を記述します。初期のHTMLではこのような修飾もHTMLの一部として記述していましたが、最近は修飾はCSSで記述するようになっています。HTMLが読みやすくなり、修飾を一括で変更する場合はCSSを修正するだけで一括変更できる利点もあります。

HTML5 & CSS3ポケットリファレンス [改訂新版]

本でHTMLを学ぶなら「HTML5 & CSS3ポケットリファレンス [改訂新版]」

HTML5 & CSS3ポケットリファレンスは、初心者から上級者まで長年使えるオススメの本です。タグの意味から使い方まで細かくまとめられているオススメの一冊です。

Amazonで購入

HTMLクイックリファレンス

ネットでHTMLを学ぶなら「HTMLクイックリファレンス」

HTML・CSSと早見表サイトです。「画像を表示させたい」「リンクをつけたい」など、HTMLでやりたいことがあったときにこのサイトで探してみるとすぐに見つかります。

HTMLとCSSをもっと知る

アフィリエイト書籍

  • HTML5 & CSS3ポケットリファレンス [改訂新版]
  • いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教 える本格Webサイトの作り方
  • デジタル時代の基礎知識『SNSマーケティング』 「つながり」と「共感」で利益を生み出す新しいルール(MarkeZine BOOKS)
  • 沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉
  • 現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル(特典PDF付き)